合宿免許わかば

MENU

誰もが一度は後悔することとして、運転免許証の写真うつりがあります。運転免許証の写真はとても小さなサイズですが、かなり鮮明な画像として撮影されてしまいます。人によっては犯罪者のような映りになってしまい、写真画像に満足していない人々は多いです。しかし、いくつかの工夫をするだけで、免許証の写真映りはよくなります。
そこで、ここでは少しでも写真うつりが良くなるコツを紹介します。まずは、レフ板の代わりとなるものを用意することです。例えば白い服を身につけたり、白いハンカチを膝上に置くようにしましょう。白い物をレフ版として代用することで、光を顔にあてることができ顔に明るい印象を与える効果があります。
また、姿勢にも気を使ってください。背筋をまっすぐにして、あごは少し引き気味に姿勢を保ってください。そして、目の視線はレンズではなく、少し上を見ると良いです。実際に自分の携帯カメラで撮影してみてください。こうすれば少し印象が変わり、明るい印象で映る事ができます。